セサミンのすべて

50代からのアンチエイジングや健康管理に「セサミン」

五十代になると内臓機能の低下、更年期障害など様々な不調が起こります。
これは加齢によって、身体的な機能が徐々に低下していくためと考えられます。
また、これまでの生活習慣が要因となり、糖尿病や高血圧症などが起こるケースも増加してきます。
体調不良が続くと大きな病気に発展することもあるので、できるだけ早く対処しなければいけません。

五十代の健康管理にお勧めなのが、セサミンです。
セサミンとはどのような成分なのでしょうか? ご存知のように、セサミンはゴマに含まれている栄養成分です。
セサミンは肝臓で作用する成分。
肝臓は多くの役割を担っている非常に重要な臓器なので、セサミンを摂って肝臓が元気になれば結果的に身体全体が健康になるのです。

肝臓は多くの活性酸素が発生する臓器です。
体内の約八割の活性酸素が肝臓で発生されるといわれています。
セサミンは抗酸化作用が強力なのですが、肝臓に入って初めて抗酸化物質として作用するので、体内のほとんどの活性酸素を除去することができるのです。

活性酸素は様々な病気を引き起こすだけではなく、肌荒れや抜け毛など美容面にも大きな影響を与える物質です。
ですから、セサミンを摂ると健康になるだけではなく、美容面におけるアンチエイジング効果も得られるのです。

また、セサミンは女性ホルモンと同様の作用があるので、更年期障害を予防・緩和することもできます。
さらにセサミンにはカルシウムが含まれており、更年期に起こりやすい骨粗鬆症にも効果があります。

このように、セサミンは五十代の健康維持には欠かせない成分です。
セサミンは希少な成分なので、毎日摂るなら断然サプリがお勧めです。
サプリならストレスなく飲み続けることができます。

セサミンはもともとゴマに含まれている成分なので、副作用が起きにくいのですが、過剰摂取すると副作用が起こる可能性があります。
セサミンサプリは、摂取量を守って飲むようにしてくださいね。

↑go to top