セサミンのすべて

お酒とセサミンの関係性

お酒の飲みすぎは体に良くないといいますが、お酒はどのような影響を体に及ぼすのでしょうか? 摂取したアルコールは肝臓に運ばれて、アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。
このアセトアルデヒドは有害物質です。
アルコール摂取量が増えると、必然的にアセトアルデヒドの量も増えてしまいます。

長期的に過度の飲酒が続くと、アセトアルデヒドが脂肪の分解を抑制して脂肪酸の合成を高めるので、脂肪肝になってしまいます。
脂肪肝の状態でさらに大量のアルコールを摂取すると、肝硬変になるのです。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、わかったときには症状が進行してしまっていることが多い臓器です。
ですから、お酒を飲む習慣がある方は、日頃から肝臓をいたわらなければいけません。

そこでお勧めなのがセサミンです。
セサミンはゴマに含まれており、肝機能を向上させる作用があります。
セサミンの肝機能向上作用について詳しくご説明しましょう。

セサミンを摂ると、胃腸で分解されずに門脈で吸収されます。
門脈とは、脾臓などから流れた血液を集めて肝臓へ運ぶ静脈のことです。
門脈で吸収されたセサミンは肝臓に直接作用して、肝臓の働きを高めます。
セサミンはアルコールの分解を促進して二日酔いを予防したり、アルコール代謝にかかわる酵素の働きを活発にします。

また、セサミンは肝臓で脂肪を利用しやすい形に変える酵素を活発化させるので、コレステロール値や血圧を低下させることもできるのです。
さらにセサミンは、α-リノレン酸を肝臓の働きを活発にするDHAに変える働きを促す作用もあります。

このようにセサミンは肝機能を強力にサポートできるので、お酒を飲む機会が多い方は積極的に摂っていただきたい成分なのです。

お酒を飲むときにゴマ料理を食べることも良いのですが、一番良いのはセサミンのサプリを飲酒前に摂ることです。
飲酒前にセサミンを摂ることで、肝臓への負担を軽減させることができます。
セサミンのサプリを毎日飲むと肝機能を正常に保つことができるので、お酒を飲む方はぜひセサミンのサプリをお試し下さい。

↑go to top